消費者金融の審査が人気という2ch情報まとめ

消費者金融審査の条件とは

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融審査の段階

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はありません。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。