消費者金融の審査が人気に関する情報は?

消費者金融審査のポイント

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

金融機関で高評価を得る要素は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で利益を獲得しています。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融審査の流れ

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができます一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。