銀行カードローンがおすすめ

銀行カードローンとキャッシングの違いとは?

銀行カードローンとキャッシング、みなさん違いはご存知ですか?わたしはよくわかってなくて調べてみたんですが、やっぱりよくわかりません…。カードローンというのは、金額が多くなりがちなローンでありながら、カードを使うことで比較的手軽に借り入れができるようにした、一般的に分割返済(リボルビング払い)をするものになります。銀行カードローンはその名の通り、銀行によるカードローン商品というわけですね。一方キャッシングというのは結構幅広い意味でつかわれているらしいのですが、基本的にはATMなどを利用して多くとも50万円くらいまでの少額を短期で借り入れするもので、次の引き落とし日に利息を含めた全額を一括で返済するものとされていましたが、現在ではいろいろな返済方法が選べるようになっているそうです。ちょっとあいまいになってきているのですね…。

「銀行カードローン」wikiでの説明は?

調べものがあるとついついインターネットを開いて検索をかけてしまいます。そうするといろいろなサイトに行きつくわけですが、ネットで調べものっていうと多くの人が真っ先に思い浮かべるのが、Wikipediaじゃないでしょうか。そのwikiでは「銀行カードローン」でのページはなく、ただの「カードローン」でページがありまして、このカードローンというのは厳密に言いますと銀行か、信金や農協などの協同組織金融機関が発行するカードを使ってお金を借りるローンのことを言うそうです。でも普通に消費者金融会社とかでも「カードローン」て使ってますよね。だからこそ、ここでも「銀行カードローン」てわかりやすくしているわけなので。ということはきっと、法的に縛りがあるとかなわけじゃないんでしょうね。

江戸川のおいしい水