中堅の消費者金融って審査が甘いの?

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法として

カードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみるととはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。